iDevice はダウングレードのためにデジタル署名を取っておこう


jailbreak したとき以外でも、前のファームウェア(iOS)へ戻したい時ってありますよね(例えばiOS4->iOS3.1.3)。でも、現在、Apple ではファームウェアの変更時に、デジタル署名をチェックして、前のバージョンのファームウェアに戻せないようになっています。つまり最新のファームウエアが Apple サイトで更新されると、それ以前のバージョンのデジタル署名は消されて受け付けてくれないということです。
iOS 4.2 が近々発表となりますが、iOS4.2 を入れてみたものの前のバージョンに戻したいと思っても、時既に遅し、前のバージョンのファームウェアがあっても Apple に署名がないため前のバージョンに戻すことができません。

そこで、現在のデジタル署名を取っておき、ファームウェアをダウングレードしたい時、Apple サーバーの代わりに応答してくれる TinyUmbrella を紹介します。
Mac version
Windows version
このソフトをインストールして、iDevice を接続し、Sava My SHSH ボタンを押下すればOK。Display SHSHs をみれば、取得できたデジタル署名のバージョンが表示されるはずです。

一度でも jailbreak したことのある方は、以降そのデバイスの署名は Cydia のサーバーに残っているので、jailbreak した時点まで戻れますが、始めての方は、現在 Apple が公開しているファームウェアのデジタル署名しか取ることができません(iOS4.1 or iOS3.2.2)。iPad な方は、iOS4.2 公開前に署名を保存して置かないと iOS3.2.2 へは戻ることができません(当然iOS3.2.1 以前には既に戻れなくなっています)。

ですので、iOS のダウングレードするかも、という方は、 iOS  のアップグレードの前にTinyUmbrella で署名の保存と、デバイスの同期をして TimeMachine でバックアップしておけば安心です。注意! 各デバイスのバックアップはひとつしか作成されず上書き保存です。必要なら個別にバックアップしてください。バックアップファイルの保存先などは、アップル公式ドキュメントを御覧ください。iPhone and iPod touch:バックアップについて
記事元:Save SHSH Blobs with Firmware Umbrella.

追記:復元するファームウェアを選択する場合は、option を押下しながら、iTunes のアップデートor復元ボタンを押下すれば、jspw(ファームウェア)ファイルを選択することができます。

コメントをどうぞ