文章をEPUBに変換出来る Calibre を試してみる


EPUBとは米国の電子書籍標準化団体の1つであるInternational Digital Publishing Forum(IDPF)が普及促進するオープンな電子書籍ファイルフォーマット規格です(Wikipediaより)。
osXDailyには、EPUBへコンバートする Calibre についての記事が投稿されています。
Calibre は、CBZ, CBR, CBC, CHM, EPUB, FB2, HTML, LIT, LRF, MOBI, ODT, PDF, PRC**, PDB, PML, RB, RTF, TCR, TXTなどのファイルを EPUB 形式に変換することが出来ます。まあ、PDF や MOBI(Kindle形式) などそれぞれ専用のビューアーがあるので、それほど EPUB にこだわる必要はありませんが、Calibre は Windows/Linux/Mac OS X 対応ですし、iBooks で Book として認識されるので、やっぱりページめくりして読みたいの…という方には iBooks で読めるようになるので、試しに PDF を変換してみました。
ただ、Wowd ファイルは、RTF か HTML ファイルにコンバートしないと読み込めないのがちょっと残念。

Download Calibre から、Windows/Linux/Mac OS X いずれかのファイルを取得し、インストールします。起動すると初めは、英語ですが、メニューで日本語を選ぶことが出来ます。その後、どのデバイスに最適化するか聞いてくるのでとりあえず、iPad を選択すればメイン画面が起動します。

上の赤枠のアイコンを選択して、コンバートするファイルを選択します。


上のオレンジのアイコンで EPUB 形式にコンバートします。


format が EPUB と PDF となりました。


iPad をつないで、メインメモリに転送します。そうすれば、iPad と同期して format に書かれている文書形式で iBooks に転送されます。

長々と書きましたが、結果大失敗。確かにページめくり出来る Book 形式になりましたが、リンクめちゃくちゃ、図は展開されないし、文字化けもありました。禁則処理も何か変。まだまだ日本語の変換には無理があるみたいでした。残念!。

さすが Oracle。Sun を買収して、Google がAndroid とその Dalvik仮想マシンにより Javaの7つの特許を侵害していると提訴しました。元記事:GoogleはOracleのパテント訴訟を根拠レスと一蹴, オープンソースいじめの悪行と呼ぶ。コメントには Oracle はパテントトロール目指してるの?って言われてますよ。とにかく、弁護士が目をキラキラさせちゃう状況はいかんなぁ。

コメントをどうぞ